窓ガラスが割れた際の対処法。ガラスの種類 ガラスのお困りガラスホーム。

窓ガラスの仕組みとは

一般的な場合、窓はサッシ枠とガラスで構成されています。
サッシとは「窓ガラスを囲んでいるフチ枠」と「窓の中心にある鍵などが付いているカマチ」で構成されており、この骨組みの中にガラスが当てはめられているのが窓ガラスです。
窓ガラスに組み込まれているガラスにも種類がありますので、見てみましょう。

窓の種類

窓ガラスの板ガラスには大きく分けると4種類のガラスが存在します。順番に説明していきます。

1つ目は板ガラス。フロート板ガラスとも呼ばれている、一番ポピュラーなガラスです。
見た目は無色・透明、表面はつるつるとなめらかで外の景色がキレイに見えるガラスですので、透視性・採光性ともに優れています。その為一般家庭によく採用されている、馴染みのあるガラスです。

2つ目は型板ガラス。見た目は板ガラスとかなり異なり、表面に模様があり、ざらざらぼこぼこした無色・透明のガラスです。外の景色はぼんやりと見える程度で、外の光もやわらかく取り入れることができます。
その為、人の視線が気になる場所などに採用されており、例えばお風呂や洗面所、トイレ、道に面したキッチン台所の窓などに使用されています。

3つ目はすりガラス。ガラスの片面にだけ摺り加工がされているが、表面はさらさらとしており、やわらかい光を通す無色・透明のガラス。
このガラスは水がかかると透き通って窓外の景色が見えるため、お風呂などには向いていません。
摺りガラスはかつて日本家屋ではよく使われていました。和室の障子に和紙の代わりに使われていた記憶はありませんか?
古民家や和室などの建具に使われていた事から、レトロな雰囲気を感じるどこか懐かしいガラスです。

4つ目は網入ガラス。ガラスの中にワイヤーが入ったもので、さらに「網入り版ガラス」と「線入り板ガラス」の2種類が存在します。
中の金網ワイヤーの役目はガラスが割れた際に破片などが飛び散って怪我をしないようにするものです。
どちらも防犯性能を考えられたガラスと世間一般で思われているのですが、実際は防犯用ではなく防災用によく用いられるガラスです。火災の際に燃えの広がりを防ぐ効果もあります。

今回は板ガラスの種類について紹介しましたが、この他にも機能ガラスや新築用のガラス、リフォーム用のガラスなど、機能に特化したガラスも沢山存在します。
リビングの西日が気になる場合はUVカットなどの機能のあるガラスへの交換、泥棒が侵入しないように防犯対策に特化したガラスへの変更など、最近では生活に合わせてガラスを交換できるようになっています。
ガラスが割れて交換をお考えならば、この際自分の家に合ったガラスへの交換も考えてみるのはいかがでしょうか。